食器棚にある物の荷造り方法とコツ-グラス・コップ・ワイングラス

【この記事は約 3 分で読めます】

食器棚やその中身の荷造り、梱包の方法食器棚やその中身の荷造り、梱包の方法。

食器棚の梱包

  • 食器棚そのものは引越屋さんが梱包します。
食器棚そのものは引越し業者が梱包

食器棚そのものは引越し業者が梱包

ジャバラ、パッド

家具の大きさに対応した専用の梱包資材で梱包

引越し会社のトラックには、家具の大きさに対応した専用の梱包資材を積んでいます。

その資材を使って、食器棚本体を梱包します。

収納は全て空にしておきます。

自力で引越しなら
棚板は全て外して別梱包。
引き出しや扉は、養生テープなどで固定します。
ガラス面には必ず、当てダンボールを。
でも、ハッキリ言ってこれがあるなら引越屋さんに頼んだ方が無難です。

  • なぜ割れ物を包むのか?

食器などの割れ物を1枚1枚包むのは、包んで強度を上げるわけではありません。

ダンボールの中で滑って食器同士がぶつかるのを防いでいるのです。

必ず1枚1枚包んで下さい。「2,3枚まとめて・・・」なんてやってると、高確率で割れます。

 

コップなどの荷造り方法

  • 一枚一枚、食器紙(新聞紙)で包みます。

ダンボールに詰める際は、絶対に寝かせてはいけません。

口か底の大きい方を下にして立てて詰めます。

自力で引越しも同様です

コーヒーカップの荷造り方法

  • 一枚一枚、食器紙(新聞紙)で包みます。

取っ手に、ねじった食器紙(新聞紙)を巻き、その上から食器紙で包みます。

ダンボールに詰める際は、絶対に寝かせてはいけません。

口か底の大きい方を下にして立てて詰めます。

自力で引越しも同様です

ワイングラスの梱包方法

  • 一枚一枚、食器紙(新聞紙)で包みます。

足の部分に、ねじった食器紙(新聞紙)を巻き、その上から食器紙(新聞紙)で包みます。包んだ状態が、円柱になるようにして下さい。

ダンボールに詰める際は、必ず立てて、倒れないよう詰め物をしておきます。

この上に、重ねて物を置かないようにして下さい。

自力で引越しも同様です

詰め方NG!!

  • 一枚一枚、包まないとNG!

割れてしまいます。

  • ダンボールに詰める際、グラス・コップ類は寝かすとNG!

割れてしまいます。

  • ダンボールの重すぎはNG!

底抜け、転倒の元になります。

  • 詰め終わったダンボールを揺すってみて、カチャカチャ音がするのはNG!

運送中に割れてしまいます。

  • ダンボールを閉めたとき、上面が盛り上がってるのはNG!

詰めすぎです。
中の荷物に、直接加重が掛かってはいけません。