引越しの荷造りでなぜ食器を包むのか

キッチンにある物の荷造り方法とコツ
食器紙(新聞紙)で割れ物を包む理由
この記事は約2分で読めます。

面倒なのに、なぜ食器を包まなければいけないの?

包んだからって強くなるわけでもないのに。

食器紙(新聞紙)で割れ物を包む理由

割れ物を一枚一枚包むのは、包むことで強度を上げているわけではありません。

ダンボールの中で、食器同士がぶつかるのを防いでいるのです。

大切なのは割れ物どうしが直接当たらないことです。

輸送中のトラックの荷台は、想像以上に揺れます。

ダンボールには傷一つ無いのに、「中の食器が割れていた」なんてことはよくあります。

作業員の扱いが丁寧でも、どんなに安全運転でも、「トラックの揺れ」で割れてしまうことがあります。

「揺れ」に対しての対策が「包む」なのです。

ユーザーが封をしたダンボールを開けるのはユーザーです

引越し業者はダンボールを開けて中の包み方を確認したりしません。

プライバシーの保護の面からも、ダンボールを開けることはありません。

ダンボールの中身を知っているのは、詰めた人のみです。

中身の分からないダンボールを運ぶのは、引越し屋さんにとってリスクが高いと言えます。

「この食器、割れてもいいから、包むのはいいや面倒だし」と、なにも包まずにダンボールに入れてしまうと食器は必ず割れます。

詰めた人からすれば、「割れてもいいお皿」かも知れませんが、引越屋さんからすれば「お客様から預かった大切なお荷物」です。

ダンボールを持ったとき、中で割れてる音に気付いた作業員のショックといったら、1日落ち込んでしまうほどです。

会社によってはペナルティがあるかもしれません。

割れ物は必ず、1枚1枚包んで下さい。
「2,3枚まとめて・・・」なんてやってると、高確率で割れます。

新聞紙が無ければ、雑誌やタウンページを破って使ってもいいですよ。