引越し当日の昼食

【この記事は約 2 分で読めます】

引越当日のお昼ごはんはどうすればいいの?

タイミングは?引越屋さんの昼食は?

引越し当日の昼ごはんのタイミング

  • 「作業員のお昼休憩」に合わせて、昼食にしましょう。
引越し当日の昼食

引越しスタッフの昼食の時間に合わせて昼食を

よく、12時になると、作業員が作業をしているのを横目に、昼食をとり始めるお客さんがいます。

お子さんがいて、仕方なくというお客さんもあれば、なんにも気にしてないお客さんもいます。

別にかまわないのですが、作業でドタバタやっているうえに、埃っぽい中、気の毒になります。

作業員もお昼ご飯を食べます。

そのタイミングに合わせてあげましょう。

お昼休憩のタイミングは、時間ではなく、作業の進み具合で決まります。

 引っ越し作業員にお昼ご飯を出す?出さない?

基本的には出さなくていいです。

お弁当を持ってきている作業員もいれば、お昼ご飯も食べずにその時間、寝ていたい作業員もいます。

お昼ごはんを現物支給で頂くなら、その分を心づけにして頂いた方が喜びます。

「作業員さんたちも一緒にどうぞ」と、食卓に誘ってくれるご家庭もありますが、実際、ほとんど初対面の家で出されたご飯を頂くのは個人差はあれ、気分的には遠慮したいです。

「どうしても出してあげたい」と思っていただけるなら、ほか弁やコンビニ弁当が一番ありがたいです。

休憩予定を聞く

  • お昼の休憩時間の予定を、作業員に聞いてください。

一般的な作業員のスケジュールです。

 

朝から作業を始めて

お昼くらいに荷物を積み込み終わり

新居へ向かう途中にお昼ご飯を食べて

新居に到着

 

 

引越し当日は旧居から新居への移動時間に昼食を取る

引越し当日は旧居から新居への移動時間に昼食を取るとスムーズ

だいたい11時くらいには、作業の進み具合でお昼休憩の時間が分かります。

よっぽどの理由が無ければ、作業員の休憩時間に合わせて昼食にしましょう。

もしも、作業が遅れていて「休憩が2時くらいになりそうです」などと言われたら、「こちらもお昼にしますから」と強制的に休憩してもらうこともできます。