引っ越しの荷造りに使うダンボールの種類

ダンボールに詰める方法とコツ
ダンボールは引越業者によって大きさも企画も違います
この記事は約1分で読めます。

引越業者のダンボールには種類があります。

小ダンボール

食器、割れ物、本など、重たいものを入れるようにします。

引越屋さんが使ってるダンボール【小】10枚セット

大ダンボール

鍋、玩具、小物、洋服など、軽いものを入れるようにします。

引越屋さんが使ってるダンボール【大】10枚セット

※引越し屋さんが使っているダンボールは、規格品ではなく、ほとんどがオリジナルです。

大も小も組み立てたときに同じ高さになるように企画されています。

和装ケース

着物(和服)を入れます。

和服は折りたためないので、専用のケースが必要になります。

洋服はタンスに入れたままでも運べますが、和服は出さないといけません。

ダンボールは引越業者によって大きさも企画も違います。

なぜなら、全てオリジナルのダンボールケースだからです。

中古ダンボール

貰えるものならもらっておきましょう。

靴など気にならない物を詰めても良いですし、切って仕切に使うこともできます。

自力で引越しなら
スーパーやコンビニで、タダで貰えるようなダンボールは、強度が弱く、軽い物しか入れられません。
貰ってくるなら、野菜や果物のダンボールにしてください。
野菜や果物のダンボールは、強度があります。