混載便を使って引越料金をお得にしよう

引越しの豆知識
新居が同じ方面の複数のお引越し物件を1台のトラックに積んで輸送すること
この記事は約1分で読めます。

遠距離の引っ越しなら混載便が断然お得です。

混載便の利用

混載便とは・・・

同じ方面といっても同じ地方である必要は無く、例えば、東京で3件の引越しの荷物を積んで、大阪で1件降ろし、福岡で1件降ろし、最後は鹿児島で降ろして終了というパターンもあります。

新居が同じ方面の複数のお引越し物件を1台のトラックに積んで輸送することです。

1台のトラックを複数の引越し物件でシェアする、まさに引越しの団体割引です。

遠距離の引越しに便利

トラック1台を、1物件でチャーター(貸切)すると、そうとうな値段になります。

これを複数の引越し物件で割れば、ずいぶん安くなります。

金額的には、チャーターの半額以下になることもあります。

混載便のデメリット

混載便は積込み日の希望は出せますが、荷受日の指定ができません。

「○日~○日の間」くらいしか指定ができません。

荷受日の前日に「明日、お届けします」と、引越屋さんから電話がある感じです。

引越屋さんはトラックの中で、それはそれはキッチリ仕切りを作って、他の荷物と分けてくれます。

それでも、2~3日、長ければ、一週間も他のお宅の荷物と同じ空間にしまわれます。

引越しの窓口では引越しに関する相談を受付けています0120-372-264受付時間9:00~18:00(土日祝除く)
「引越し見積もりサービス便利サイトを見た」とお伝えください

引越しの豆知識
引越し見積もりサービス便利サイト