引越しの流れ

引越しの豆知識
この記事は約2分で読めます。

引越が決まったら、いろいろと忙しくなります。

とりあえず、しなければならないことを確認しておきましょう。

まず、現在お金がかかっている事柄からチェックしたほうがいいと思います。

引越しが決まったらすぐに確認しておきたいこと

賃貸借契約の解約手続きを確認する

電力会社の引越し手続き

転出届の手続き

まずは現住所の家賃。

「賃貸借契約書」には借主からの解約の予告期間が書いてあります。

通常、1ヶ月以上前の解約予告が必要になります。

これは1ヶ月分の賃料を支払えば、即刻解約できるという意味もあります。

解約予告期間については、賃貸物件によって異なりますので、確認しておく必要があります。

たとえ、明日、現在の住まいを空っぽにして「出て行きますね」と言ったところで、解約予告期間分の賃料は請求されるわけですから。

このあたりの事柄は、賃貸借契約を交わすときに確認しておいたほうがよいですね。

引越しの一ヶ月くらい前にしておきたいこと

引越が決まったら、現在お金がかかっている事柄からチェック

持って行くものと、持って行かないものが粗方決まったら、引越し業者から見積もりを取ってみましょう。引越しが決まったら、まず「いる物」と「いらない物」の仕分け作業から始めましょう。

引越しの見積もり・料金比較・費用

引越しは、いろんなものを処分するチャンスです。

まずは 「いるもの」と「いらないもの」を分けましょう

まずは、いらない物を集めて一箇所にまとめます。

集合住宅ならバルコニー、戸建なら軒下でよいでしょう。

これで荷造りをするスペースを確保します。

荷造りが始まればダンボールの山ができます。

遅くとも2週間くらい前にしておきたいこと

引越し業者が決まったら荷造り開始です。

引越しの荷造りはいつからはじめるべきか

その他の手続きもお忘れなく。

荷造りには様々なコツがあります。

小物や割れ物など、引越しの梱包に役立つ情報です。

場所ごとに荷造りの仕方をまとめています。

梱包する物ごとの情報は右の検索窓で検索して下さい。

引越し直前、引越し当日の流れ

引越し当日にしなければならないことをチェック

あとは引越し当日にしなければならないことをチェックしておきましょう。

引越し前日までの流れ

引越し当日、旧居での流れ

引越し当日、新居での流れ

直前には腹をくくりましょう。

引越しの窓口では引越しに関する相談を受付けています
フリーダイヤル 0120-372-264
受付時間9:00~18:00(土日祝除く)
「引越し見積もりサービス便利サイトを見た」とお伝えください
引越しの豆知識
引越し見積もりサービス便利サイト