引越しというサービス業

【この記事は約 5 分で読めます】

引越しをサービス業として考えてみる

サービスの定義

全てのサービス業

人が一生のうちに受けるサービスの種類は、実にさまざま

サービスとは、「経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財のことである」とのことらしい。

「モノが残らず、形の無い財のことである」

実に解かりやすい。

物が残らない変わりに、満足や安心が残ると考えれば、全てのサービス業に合点がいく。サービスの種類によっては、感動や高揚、果ては快楽までも残せるのだろう。

また、サービスは、「形の無い財」であるがため、それを受ける個々の価値観で大きくその価値を変える。

対価に関してもそうだ。

必要の無いサービスには1円だって払いたくない。必要ないのだから。

逆に、必要なサービスは適正な価格で受けたいと思うだろう。

価値観は人それぞれだが、通常、必要だから申し込むのがサービスなのだ。

では、サービス業とは実際どのような形態を指すのか。

一概にサービス業と言っても、その広義はあまりに広い。

宿泊サービス、レジャーサービス、金融サービス、教育サービス、情報サービス、医療サービス、レンタルサービス、専門技術サービス、アウトソーシングサービス、郵便、運輸(物流)、交通、通信、外食、エネルギー、エンターテイメント、コンサルティングなど、列挙すれば、きりがない。

人が一生のうちに受けるサービスの種類は、実にさまざまなのだ。

中には生涯受けることの無いサービスもあるだろう。アウトソーシングサービス、コンサルティングなどは、その言葉や存在は知っていても、そうそう世話になることは無いサービスだ。

一方、娯楽系のサービスには誰でも馴染みがあって、その価値観を共有しやすい。

サービスを受ける頻度が高いうえ、同類のサービスや同一のサービスを提供する業者が多いからだ。

また、娯楽系のサービスはひとつひとつのサービスに基準となりえる形が存在しやすい。

たとえば、宿泊サービスならベッドの質や夕食のメニュー。大浴場の有無だって、評価の対象になるだろう。

サービスを評価するのに、一番簡単な方法は、比べることなのだ。

運送サービスとしての引越し

引越しサービス

同じ運輸サービスでも引越しサービスは、その利用頻度がとても低い

では、引越というサービスはどうだろうか。

引越業は運輸サービスに含まれるのだろう。行政の管理所轄から見てもそうだ。

しかし、同じ運輸に属するサービスと比べて、引越しサービスは、その利用頻度がとても低い。

例を挙げるなら、宅配業者。

最近ではインターネットの浸透によって、通信販売が盛んだ。その通信販売と切っても切れないのが宅配業者だ。

宅配業者のサービスは、これまでだってお歳暮やお中元でかなりの利用頻度だった。加えてこの通信販売ブーム。

もはや、「宅配業者を利用したことが無い」というのは稀なケースになるだろう。

語られるに十分な利用頻度に達して初めて、それぞれの宅配業者が提供するサービスに評価が付けられるのではないだろうか。

そして、宅配業者のサービスは質、価格を語るに十分な利用頻度に達しているに違いない。

引越しサービスという名称

引越しというサービス

引越しというサービスはその利用頻度が質、価格を語る所まで達していない

比べて、引越サービスはその利用頻度が質、価格を語る所まで達していない。人はそう引越するものではないからだ。

加えて、「引越し」自体は大きく見て、不動産サービスの範疇に入る。その付随サービスとして、「引越しサービス」があるのだ。

あくまでも、引越しをするのに頼まなければならないものであって、どこか「仕方なく頼む」というニュアンスを含んでいる。

事実、「引越しサービス」を受けたいがために引越しをするケースなど皆無だ。

引越した人間からすれば、引越しなど飛び越えなければならないハードルと同じで、「高さ」以外、興味が無いのである。

そして、ひとたび飛び越えてしまえば、そのハードルには全く興味を持たないのだ。

旅行の思い出は語っても、引越しの思い出はそう語られるものではない。

むしろ引越しで多く語られるのは不動産物件そのものだ。

引越しを予定している人間に、まず聞くのは「引越先はどこか」である。

あるいは買ったのか、借りるのか。

いきなり「どの引越屋さんで?」と問うのは、引越業に従事している人間くらいだろう。

引越サービスと銘打っているにもかかわらずである。

引越しサービスの評価

引越しの思い出

引越しの思い出として語られることがあるならば、それは大抵の場合、予期せぬハプニングや悪いエピソード

引越業は言わば裏方の仕事。

引越しの思い出として語られることがあるならば、それは大抵の場合、予期せぬハプニングや悪いエピソードだ。

一般的に感動や賞賛の声よりも、悪評や中傷の声の方が大きくなる。

サービスが良ければ何も言わない。それが普通のことだから。

逆に悪ければ声を上げる。感情に任せて大きな声になる。

その声は次第に集まって悪意に満ちた酷評につながる。「○○引越しセンターに家具を傷つけられた」「○○引越サービスには頼むな」といった書き込みがインターネットでも見受けられる。

引っ越しそのものが無かったことのように、新居で普通に生活できれば、サービスを受けた人間は何も言わない。

「引越してよかった」という感想は、住環境に対してのみの評価であって、その中に「引っ越しサービス」のことは含まれていないのである。

「売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財」を、サービスというならば、「引越し」というサービスは「引越当日の記憶さえ残さないこと」こそが、最高のサービスになるのかもしれない。