上手な自力の引越し | 自力の引越しで気をつけたいこと

【この記事は約 2 分で読めます】

自力で引越しするためには・・・

次の物が一つでもあったら、あきらめて引越屋さんに頼みましょう

チェックしてみてください

  • エアコン

電気工事できますか?

  • ピアノ

素人では運べないでしょう。

  • 金庫

素人で運べたら、金庫の役目果たしてますか?

  • ドラム式洗濯機

これは重い!引越屋さん泣かせです!

  • ベッドマット

車に乗りますか?

レンタカーはなるべく避けたい

  • トラックのレンタル料金は、6~7,000円くらいから

自分で出来るくらいの引越しなら、時間を選ばなければ、引越し屋さんがこれくらいの料金でやってくれる時があります。

ダンボールなどの用意を考えると、引越し屋さんが断然お得ということになります。

作業は一気にやらない!(小人数作業の時)

一日で終わらせるのではなく、何日かに分けて運びましょう。

急いでやると物が壊れたり、壁や床に傷つけたりしてしまいます。

特に日が暮れて暗くなってしまうと、とても危険です。

新居をひと部屋づつ作っていくつもりでやれば、ちょうどいいペースです。

助っ人に人を呼びすぎない

荷物を搬出するルートは大抵一つ。

そこにゴチャゴチャと人がいても邪魔になるだけです。

逆に、荷造りのお手伝いなら人手は助かりますが。

荷物を運ぶ時はリレーしましょう

床に置いた物を持ち上げる動作が一番疲れます。

ですから一度持ち上げた荷物は一度も床に置かずに車に積み込まれるのが理想です。

荷物を運ぶときはリレーの方が疲れにくいということです。

これは引越業者の作業員の間では常識です。

ダンボールを持っている状態では、足元は見えても前方はよく見えていません。

ダンボールを抱えたまま人がすれ違うのは危険です。

バケツリレーのように荷物を渡していきましょう。