引越しに伴うご挨拶

【この記事は約 3 分で読めます】

引越しの挨拶は、人との繋がりに大きく影響を与えます。

旧居なら発つ鳥あとを濁さず。

新居ならご近所としてずーっと身近に暮らしていくことになります。

近所付き合い希薄になった昨今では、省略してしまいがちな引っ越しの挨拶について。

旧居でのご挨拶

気心知れたお隣さんやお向かいさんには、引越先の住所を知らせるついでに「お世話になりました」と言っておけば十分です。

親しくないご近所には、引越作業の騒音で迷惑をかけそうなお宅だけでも引越の日時を知らせ、騒音が出る旨を伝えておけばよいでしょう。

自力で引越しも同様です。

新居でのご挨拶

  • 挨拶の時期

できれば引越当日までに、引越しの日時をお知らせしておきたいですね。
「騒音でご迷惑おかけします」のついでにご挨拶が一番スムースです。
何も知らせずにドヤドヤやっていると、気を悪くする方もいるようです。
ご近所さんはよーく見ています。
どの引越屋さんを使っているか、家族構成から、運び込まれる家財のレベルまで、新しくご近所になる人の引越をよーく見ていますよ。
何時挨拶に来るか待っている人もいるかも知れませんよね。
筆者の知る引越屋さんは、まず近所に挨拶してから作業を開始してました。その配慮に関心したのを覚えています。

  • 挨拶するお宅

一戸建てなら、一般的に向かい三軒と両隣。

集合住宅なら、両隣と上・下の階の住人、管理人。
ほかに、引越の搬入経路で迷惑がかかりそうなお宅には、ご挨拶しておくのが無難です。
エレベーターから自分の部屋の扉までのお宅が該当します。
引越の騒音が原因で、折り合いの悪いお宅を作ってしまうと、今後つらいですよ。
引越し作業の間、エレベーターを独占してしまうのですから、同じマンションの全戸に迷惑をかけてしまうのも事実です。
ご挨拶は、どんな人が住んでいるか把握するいいチャンスでもあります。
可能な範囲ご挨拶しておきましょう。

  • 挨拶の品

1000円までの粗品が標準。
タオル、洗剤などが無難です。
旧居の特産品やお土産用ののお菓子を用意する方もあるようですが、こういう世の中なので、初めて会う人から食べ物をもらっても抵抗がある人も多いのでは?

参考になるのは、新聞の勧誘さんが持ってくる物です。
あたり障りがなく、邪魔にもならないものをよく知ってます。
新聞の勧誘さんからもらって嬉しかった物を思い出してみましょう。
まあ新聞屋さんはすぐに来るのでそれから考えてもいいですね。
新聞屋さんは引越屋さんのトラックを見つけると必ず退去か入居か聞いてきますから。

自力で引越しも同様です。

ご挨拶の薦め

  • 近所づきあいが少なくなった昨今では、省略してしまいがちな引越のご挨拶。

引越のご挨拶は、近所に「どんな人が住んでいるか」を把握するいいチャンスでもあり、以降通路ですれ違う際の挨拶のきっかけにもなります。
また、最近は近隣のトラブルから発生する犯罪や、犯人が近隣住人という犯罪もたくさんありました。
こういったトラブルをトラブルを避けるためにも、ご挨拶まわりはしておいたほうがいいですよ。
玄関を開けてくれない方には、粗品だけお渡ししておくだけでもよいのでは。