子供にとっての引越し

【この記事は約 1 分で読めます】

引越しに伴う転校。

小学校の転校

転校は、子供にとって大きな負担です。

引越し先が近ければ、転校してもお友達に会えますが、引越し先が遠方で、手紙や電話だけのやり取りになってしまうと、この時期の友人関係は長く続かないで しょう。

転校を繰り返すと、「幼馴染がいない子」になってしまう可能性が高いです。

「大人の世界」で、地元といえば県名や都市名で区別しますが、この頃のフットワークはとても狭いので、校区や町名で区別しています。

転校する時期によっては、「故郷を持たない子」になってしまう可能性が高いです。

個人差はありますが、いじめの対象になる可能性もあります。

なぜなら、それがどんな子でも、転校生は「目立つ」からです。

中学校の転校

多感な時期ですので、小学校の転校より不安になっているかもしれません。

今の学校と、新しい学校の授業進行の違いも大きく、受験を控えて、授業のペースに合わせるのも大変です。

今の学校でいじめられていないなら、子供にとって転校は、プラス要素が少ないです。