トランクルーム、レンタルコンテナなどの利用

【この記事は約 3 分で読めます】

現在の住居より新居のほうが狭くなってしまう場合や、リフォームなどで一時的な荷物の保管場所が必要な場合は、トランクルームの利用を検討してください。

リフォームに伴う引っ越しで一部の荷物を一時的に保管する場合

前提として、しばらく使う予定の無い荷物を預ける場合です。

基本的には、まず、リフォーム会社に相談するのが一番です。

リフォーム会社の中には、リフォーム期間中の仮住居や荷物の預かりをしてくれる会社もあるからです。

また、リフォーム期間の仮住居費や荷物の預かりにかかる費用をリフォームの見積もりの中に組み込んでくれて、リフォームローンでの支払いという形を取ってくれるリフォーム会社もあります。

リフォームは全て予算を立てて行うものですから、初めから予算の中に組み込めるよう、リフォーム会社に相談するのが得策です。

次に相談できるのが引越し業者です。

引越し業者の中には、自社敷地内にトランクルームを持っていて、安価で荷物の一時預かりをしてくれる業者があります。

引越し業者に荷物を預ける利点は、リフォーム終了後に仮住まいから戻ってくるときの引っ越しで自動的に預けた荷物も帰ってくるところでしょう。

引っ越しの見積もりも予算を立てることが出来ますので、引っ越し料金の中に荷物の預かりにかかる費用を組み込むことが出来ます。

また、荷物の量は引越し業者の見立てですから、トランクルームや貸しコンテナなどと違って「荷物が入りきらない」ということもありません。

しかし、引越し業者の荷物一時預かりサービスを利用する場合、一度預けた荷物は新居に搬入される日まで受け取ることはできません。

引越し業者に荷物を預けると、預けている期間中は荷物の一部でも出し入れはできませんので注意が必要です。

新居に荷物が収まりきらない場合

新居に荷物が収まり切れないとき、いつも使うわけではないけど、たまに使うことがあるという荷物の置き場に困ってしまいます。

引っ越しの荷造りをするときに、「ああ、もうこれは使わないんだけど」とか、「スキーやサーフボードなど、季節物ですぐには必要ないなぁ」というような物もたくさんあると思います。

「もう使わないけど、思い出の品だから」という物は、年を重ねるごとに増えていきます。

また、この思い出の品に該当する物、趣味や嗜好の内容によってはかなり嵩張り、日常生活では邪魔になってしまいます。

もしも、「新居が現在の住居より狭くて荷物が置けない」とか、「直射日光に当たってしまうけどベランダに置くしかスペースが無い」というような時には、 トランクルームを利用するのが便利です。

確認が必要ですがコンテナと違って、24時間出し入れできますし、湿度の管理も行き届いていますから、「定期的に行って空気を入れ替えないといけない」とか、「久しぶりに行ってみたらあちこちにカビが生えていた」などがありません。

まず24時間出し入れ自由なら、例えば、「スノボに出発する日の朝、トランクルームに寄って板を取ってゲレンデに向かう」とか、「波のコンディションがよく夢中になっていたら日が暮れてしまい、帰りが遅くなってしまった」などという時でも、いつもどおりサーフボードはトランクルームに預ける事が出来るのです。

荷物の一時預かりひとつとっても、いろんな形があり、それぞれに適した預け方があります。

後になって考えるより、予定を立てて、予算を組むことをお勧めします。