仕分けの方法

【この記事は約 1 分で読めます】

引越しは、いろんなものを処分するチャンス!

まずは仕分け作業から

  • 「いるもの」と「いらないもの」を分けましょう

まずは、いらない物を集めて、一箇所にまとめます。

集合住宅ならバルコニー、戸建なら軒下でよいでしょう。

これで、荷造りをするスペースを確保します。荷造りが始まれば、ダンボールの山ができます。

引越屋さんの見積もりの時にも、持って行くものと、持っていかないものが、ハッキリしてわかりやすくなり、余計な値段がつきにくくなります。

 

自力で引越しでも同様です

「いらないもの」とは?

1年間、開けなかった箱は、一生開けないと言われています。

3年着なかった服もまた、一生着ないと言われています。

一概にそのとおりとは言いませんが、ある程度の基準を持って判断すれば、スッキリできますよ。

 

 

自力で引越しでも同様です

「いるもの」とは?

日常使う物のほかに、思い出の品、趣味の物、写真など言わば人生の荷物。

おそらく、亡くなるまで持っていることになるでしょう。

 

 

 

自力で引越しでも同様で