ダンボールの詰め方

【この記事は約 2 分で読めます】

引っ越しの荷造りでダンボールに荷物を詰めるときは、あっちこっちから物を持ってこないこと。

荷解きのことを考えて荷詰めしましょう。

ダンボールに荷物を詰めるときは「場所ごと詰め」

  • 「テレビの周りにあった物」のダンボール
  • 「押入の上段にあった物」のダンボール

というように、場所ごとにダンボールを作りましょう。

まだ入るからといって一つのダンボールの中に、いろんな場所から荷物を持ってきて詰めてしまうと、荷解きが大変になってしまいます。

リビングで詰めたダンボールは、新居でもリビングに行きます。

リビングのダンボールから、他の部屋の物が出てきたら、いちいちその部屋に持っていくことになります。

ダンボールの中に空きができたときは、丸めた食器紙(新聞紙)をつめて閉じます。

「ダンボールの数を減らすこと」が、上手な荷造りではありません。

「中身が壊れないこと」「荷解きしやすいこと」こそが上手な荷造りです。

ダンボールの数が多少減ったくらいで、引越料金が安くなることはありません。

引っ越し業者は、「これで荷物を梱包してください」と言って渡したダンボールに関しては、全て運ぶ腹積もりで見積りを出しています。

渡されたダンボールを余らせたところで引っ越しの料金に変化はありません。

自力で引越しなら
逆に、ダンボールの数を極力減らしましょう。

ダンボールに積める時の重さの目安

  • 女性が1人で持てるくらいの重さが限度です。
  • 本や食器は、ダンボールいっぱいに詰めると重すぎます。

これは、底抜けの原因になりますし、作業員もうんざりしてしまいます。

ある程度重くなったら、上に軽い物を詰めてふたをしてしまいましょう。

本や食器を詰めるときは、時々ダンボールを持って重さを確かめましょう。

重い物は下に、軽い物は上に詰めます。

一つのダンボールの中に複数個所の物が入る場合

食器の荷造り

複数箇所の荷物がひとつのダンボールに一緒に入る場合は、1段目を詰め終わった上

に食器紙やダンボールを敷いて、上下を仕切っておくとわかりやすくなります。

morearrow_big_08a

食器の荷造り、隙間には詰め物を

1箇所目を詰め終わったら、隙間に食器紙(新聞紙)を詰めます。

morearrow_big_08a

中古のダンボールがあれば、切って仕切りに使います。

morearrow_big_08a

中古のダンボールがあれば、切って仕切りに使います

余裕があれば・・・
あった場所(食器棚の何段目、右側、左側など)を仕切の食器紙(新聞紙)に書いておきましょう。

morearrow_big_08a

2段目を詰めるときも同じ要領で詰め、隙間には緩衝材(食器紙・新聞紙)を入れて閉じます。