書斎にある物の荷造り方法とコツ

【この記事は約 4 分で読めます】

書斎にある物の荷造り方法を解説。

パソコンの梱包

  • そのものは引越屋さんが梱包する場合と、全く梱包してくれない場合に分かれます。

※配線や運送方法など、引越屋さんによって大きく異なりますので、見積り時に要チェックです。

パソコンの引っ越し

パソコンはデータのバックアップを忘れずに

必ず、バックアップを取りましょう。

ハードディスクなどのデリケートな電子部品やメモリ装置は、振動などで壊れてしまいます。

引越屋さんは「データが飛んだ」「ソフトが起動しなくなった」などの内的要因やソフト面の保障はしてくれません。

引越屋さんだって、もともと壊れていたものを運ばされて「壊された、弁償しろ」と言われても対処のしようがありません。

お願いする側だって、運ぶ前に壊れていなかったことを証明するのは困難でしょう。
破損の判断がつきにくいのがパソコンです。

引っ越し後、外傷のないものは基本的に保障してもらえません。

できることなら「デスクストップの本体」「ノートパソコン」は自分で運びましょう。
※パソコン本体は、運ばない引越屋さんもあります。

  • 配線を自分でやるなら

配線に目印をつけておく

配線一つ一つにテープを貼り、番号をふって、どこに差さっていたものかをわかりやすくしておきます。

写真のような、カラーテープじゃ色が足りないでしょうけど・・・

自力で引越しなら
モニターの液晶は非常にデリケートなものですから、運び出すときには画面に段ボールを当てておくと安心です。

  • ケース入りCD、DVD

ひとまとめにして食器紙(新聞紙)でくるんで、段ボールに詰めます。

  • ケースがないCD、DVD

一枚一枚、食器紙(新聞紙)で包みます。
読みとり面に傷が付くと再生できなくなります。

本・書籍の荷造り

  • 必ず、小ダンボールに詰めます。
本の荷造り

ダンボールの重くなりすぎに注意

底抜け防止のためにもあまり詰めすぎないことです。

目安として女性が一人で持てるくらいの重さが限度です。

男性なら箱いっぱいに詰めても持てるでしょうが、それではダンボールが耐えられず底抜けしてしまいます。

引越し業者の作業員なら2,3箱同時に運びますから、もっと重たくなります。

  • 本は立てて詰めると上に重ね辛くなります

これは重くなり過ぎない詰め方のひとつです。

空いた上のスペースには、軽いものでも乗せてください。

また、「棚から一掴み方式」だと荷解きの時に本の並び準を気にすることなく、そのまま棚に戻せますから非常に楽になります。

いつも、荷解きのことを考えて荷造りしましょう。
※横に寝せて本を入れると、ついつい詰めすぎて重くなってしまいますよ。

  • 本を紐でまとめただけではNG?

よく、本を紐で縛っているだけの荷造りをしているのを見かけますが、基本的にはダンボールに入れてください。

紐でまとめただけだと、本に傷がついてしまったり、角が折れてしまったりします。

また、引越し業者としても、トラックに積み込む際の処理に困ります。

引っ越し業者によっては運んでくれないところもあります。

本を紐でまとめてもよいか、見積もりの時に引越し業者に確認しておく必要があります。

自力で引越しなら
とにかく軽くしておきましょう。もう読まないものは廃品回収に出してもよいのでは?
紐でまとめるのも有りなんですが、実際には紐が手に食い込んで運びにくいですよ。

机・学習デスクの荷造り

  • そのものは引越屋さんができる限り解体して梱包します。
机の引き出しの中は全て出す

机の引き出しの中は全て出す

引き出しなどは全て空にします。

  • ノート、アルバムなど

背の高い物は寝かせて重ねて詰めます。

  • 文房具など

ダンボールの中で引き出しごとに食器紙(新聞紙)で仕切っていくと荷解きが楽になります。

その他、割れ物は割れ物用の梱包をしてダンボールに詰めます。