食器棚にある物の荷造り方法とコツ-お箸、調理器、調味料、きゅうす

【この記事は約 2 分で読めます】

お箸、調理器、調味料、きゅうす食器棚の荷造り方法。

お箸、調理器、調味料、きゅうす、その他の雑貨、割れ物の処理方法。

食器棚の引き出しの中身の荷造り

  • 食器棚そのものは引越業者で梱包します。

ジャバラ、パッド

ジャバラ、パットと呼ばれる伸縮性のあるキルティング状の専用資材でスッポリと梱包します。

小さいものなら毛布で包む場合もあります。

食器棚を裸で運ばれたら、それはよい引越し業者ではありません。

  • 棚や引き出しは全て空にします。

食器棚の荷造り方法。食器棚の引き出し

食器などは割れ物の梱包方法で処理してください。

ダンボールに詰める際は引き出しごとに食器紙(新聞紙)で仕切っておけば、荷解きの時にわかりやすくなります。

自力で引越しなら
棚板は全て外して別梱包。
引き出しや扉は養生テープなどで固定します。
ガラスの扉などははずせるものは外して別梱包。
外せないガラス面には必ずダンボールを切って当てて固定しておきます。
でもハッキリ言ってこれがあるなら引越屋さんに頼んだ方が無難です。

お箸・調理器の荷造り方法

  • ひと掴みを食器紙で包みダンボールの中でバラバラにならないようにして詰めていきます。

ダンボールの中でバラバラにならないようにして詰めていきます

ダンボールの中で引き出しごとに仕切っていくと荷解きが楽になります。

  • 包丁などの「刃物」を一緒にしてはいけません。

必ず別に梱包してください。

自力で引越しも同様です

調味料などの荷造り方法

  • 必ず口が締まっていることを確認し、食器紙で厚めに口の周りを覆って下から覆うように食器紙(新聞紙)で包みます

調味料などの荷造り

万が一、中身がこぼれても他の荷物が汚れないように、食器紙で厚めに口の周りを覆います。

このまま、ダンボールに立てて詰めます。

ダンボールの中で倒れないように、隙間に食器紙を丸めて詰めていきます。

醤油差しなどの密封できない液体の入った物は、絶対にダンボールに詰めないで下さい。

こぼれて他の荷物が汚れてしまいます。

密封できない容器に入った液体は、使い切るか中身をビンに戻し割れ物と同じ梱包をして下さい。

自力で引越しも同様です

きゅうすなどの荷造り方法

  • 変わった形の陶器は出っぱった部分に食器紙を巻き、それをさらに食器紙で包みます。

きゅうすなどの梱包

最終的な形が、円柱、もしくは球の形になるように包みます。

陶器や、ガラスの蓋は別梱包してください。

自力で引越しも同様です