引越しに必要な資材、引越しのときにあったら便利な物

【この記事は約 4 分で読めます】

引越業者が使っている梱包用資材と、自力で引越しする時に用意したい資材。

クラフトテープ

  • ダンボール包装用に使います。

ガムテープ。

ガムテープは荷物に直接貼ると、糊が残ったり塗装が剥げたりしてしまいますので、ダンボールのみに使用します。

自力で引越しなら
ガムテープは引越しを手伝う人数分用意すると、貸し借りなどせずに済むので作業がスムースになります。
荷造りの作業をする人数よりも多い数を準備しましょう。

養生テープ

  • 電化製品の扉、食器棚の引き出し等の仮り止め等に使います。

粘着力が弱く、荷物に直に付けても大丈夫な素材です。

ダンボールを留めるのに使うと、強度が足りませんので、間違っての使用を防ぐ為に、引越業者からの支給はほとんどありません。

自力で引越しにもあると便利です
ガムテープと違って、家具を傷めません。
これでダンボールをとめないでください。

食器紙

  • 食器(茶碗、コップ、皿)、化粧品、小さな部品、小物、割れ物を包みます。

引越屋さんによって呼び方が異なります。

食器紙、クレープ紙、ハニーなどと呼ばれています。

小さな部品や、お箸、スプーン、フォーク、ナイフ(鋭くないものに限る)なども、これで包んでひとまとめにしてダンボールに詰めます。

新聞紙と違って食器を汚しません。

自力で引越しにも必要です
緩衝材としてなら、新聞紙で充分です。チラシ、雑誌でも替わりになります。包んでダンボールに入れないと、割れる可能性は格段に上がります。

ミラーマット

  • 発泡ポリエチレン製のソフトなシートです。食器紙の代わりに使います。

断熱性、防湿・防水性に優れ、適度な伸縮性があるうえ、見た目が良い為、ミラーマットを使用する引越屋さんも増えました、

しかし、ミラーマット形状が固定できない為、ガムテープで止めるなどしなければならず、荷造りのスピードを重視するなら、現在でも食器紙に軍配が上がります。

 

この、紙よりも「包むのが面倒臭い」というミラーマットの弱点を、袋状にすることでカバーしたのが「簡単荷造りクイックコンポ」です。

食器の梱包にクイックコンポ

引越しの便利品クイックコンポ

エアーキャップ(プチプチ・エアーパッキン・エアクッション・エアマット)

  • TV・レンジ・コンポ・小さな電化製品等・大きなお皿など、デリケートな物を包みます。

エアーキャップは切っていろいろと使えます。

自力で引越しにもあると便利です
パソコンなど、精密機械の梱包など、使える用途はたくさんあります。エアーキャップ自体には、強度がありませんから、洋服をまとめて包んだりしても、破れてしまって運ぶのは無理です。

巻ダンボール

  • 緩衝材として使用します。

最近は、エアーキャップが主流であまり見かけません。

自力で引越しにもあると便利です
引越しの後、始末することを考えると、素材的にエアーキャップよりも処分が楽です。

布団袋

  • 掛敷布団、毛布等一式が入ります。

布団袋の中に、服や布団を詰めるのはよいですが、その中に割れ物を入れたりするのは、絶対にやめましょう。危険です。
作業員は、中身を布団と思って、運んだり積み込んだりします。割れた陶器も使えませんが、ガラスの破片が散らばった布団も使えません。

自力で引越しにもあると便利です
布団以外にも洋服やタオルなどの布物をまとめるなら、ダンボールよりも遙かに便利です。圧縮タイプでなくても良いので、何枚かあると活躍してくれます。

ベットマット袋(ベットマットカバー)

  • マットレスが、すっぽり入ります。

運送時の汚れ等を防ぎます。ベッドは解体して運びますが、マットレスは小さくなりません。

ハンガーボックス

  • 洋服をハンガーに掛けたまま、収納、運送できるケースです。

引越しハンガーボックス組み立てると、ハンガーを掛けられるようになっています。
リースですので、返さなければいけません。通常、トラックの大きさに合わせて、2~6個乗せています。

自力で引越しなら
あっても嵩張るだけなので、布団袋などを利用しましょう。

ジャバラ、パット

  • 大型家具・家電専用の梱包資材です。

この梱包をすることで、和ダンスや整理ダンスの中身が入ったまま運ぶことができるようになりました。
(※中身は衣類に限る※中身を出す業者もあります)

毛布

  • 大型家具・家電を包んだり、トラックに積み込む時の緩衝材に使ったりと、大活躍するのが毛布です。