レンジ台周りにある物の荷造り方法とコツ

【この記事は約 3 分で読めます】

レンジ台の周りにある物の荷造り、梱包

レンジ台の梱包

  • そのものは引越屋さんが梱包してくれます。

※収納は、全て空にします。

調味料や食材の入ったビンは口をしっかりと締め、食器紙に包んでダンボールに入れます。

お米、粉物、乾物等も中身がこぼれない状態にしてダンボールに詰めます。

調味料などのビンは割れ物の梱包が必要です。

口がしっかりと閉まらない物は使い切るか別容器に。

食品関係は、引越し当日に向けてんばるべく減らしていきましょう。

自力で引越しも同様です

電子レンジの梱包

  • 電子レンジそのものは引越屋さんが梱包してくれます。

基本的に引っ越し当日まで触らなくて良いです。

引越屋さんによっては、専用の梱包材もあります。

小さい電子レンジなら、中の回転皿を取り出し、別に梱包して本体をエアーキャップで包み、ダンボールに入れます。

ダンボールには「電子レンジ」と書いておけば、それなりの扱いをしてくれます。

ダンボールに入らなければ、引越屋さんに任せましょう。毛布などで包んで運んでくれます。

自力で引越しのコツ

※そのまま運ぶと、中の回転皿が割れてしまいます。 必ず、出して別に割れ物として梱包しましょう。

トースターの梱包

  • 基本的には引越屋さんが梱包します。

ダンボールに入りそうな小さなトースターなら、エアーキャップで包んでダンボールに入れてもよいでしょう。

ただし、中のトレーは動かないように固定するか、取り出して別に梱包します。中に入れたままだと、ガラス面にあたって危険です。

ダンボールに「トースター」と書いておけば、それなりの扱いをしてくれます。

自力で引越しも同様です

炊飯ジャーの梱包

  • 中が空であることを確認してエアーキャップで包みダンボールに入れます。

ダンボールには「炊飯ジャー」と書いておけばそれなりの扱いをしてくれます。

※ポットと同じダンボールに入れるとよいでしょう。

自力で引越しも同様です

ポットの梱包

  • 中のガラスが割れてしまわないようにエアーキャップで包んでダンボールに入れます。

※必ず中が空であることを確認してください。

ダンボールのふたが閉まらない場合は口空きダンボールに
しておきます。

自力で引越しも同様です

コーヒーメーカーの梱包方法

本体はエアーキャップで包んで、ダンボールに入れます。

コーヒーメーカー、ミキサーなどの調理家電は、分解できるところまで分解しておくと安心です。

複雑な形状のプラスチックパーツなどが多いので、できるだけパーツに分けてエアーパッキンで包みます。

ダンボールに入らない様な物は、 口空きダンボールに入れておきます。

グラスポットは、必ず別梱包で、エアーキャップか食器紙で包んでダンボールに入れます。

ダンボールには、「コーヒーメーカー」 と書いて、割れ物と分かりやすく赤で書いておきましょう。

それなりの扱いをしてくれます。

そのほかの調理家電の荷造りの仕方

フードプロセッサーや電動ジューサーの荷造りコーヒーメーカーに限らず、調理用家電や調理器なども、同じような処理をします。

たとえば、秤の皿・ミキサーのガラス部分、他にもフードプロセッサーや電動ジューサーなどは、取り外せるパーツは取り外して梱包したほうが、本体への負担が軽くなることが多いです。