ダンボールの作り方

【この記事は約 3 分で読めます】

ダンボールの組み立て方

ダンボールは引越し会社によって大きさが違いますから、組み立て方の指示もそれぞれの引越し会社で違う

ダンボールはしっかりした強いものを使用してください。

スーパーなどで貰えるダンボールでも、しっかりしたものだけを使いましょう。

ここではオーソドックスなダンボール大と小を用意している引越し会社のダンボールの作り方を紹介しています。

引越し会社が用意しているダンボールは引越し会社によって大きさが違いますから、組み立て方の指示もそれぞれの引越し会社で違うようです。

見積もりのときに確認しておきましょう。

その他、引っ越しの荷造り用にダンボールを組み立てるときに注意したいこと。

ダンボールの底面は十字貼りに

  • ダンボールの底面は、底抜けを防止する為に十字にガムテープを貼ります。
dan-1

ダンボールの底面は十時貼りに、ふたをする時は一貼りで充分

ダンボールの底に掛かる荷重は真ん中に集中します。

真ん中を補強する意味で十字張りにします。

※互い違いに組んだだけだと、必ず底抜けします。

 

 

 

ダンボールの天地(上下)は、引越屋さんの印刷どおりに

  • ダンボールの天地(上下)は、引越業者の印刷のとおりにします。
ダンボールの天地(上下)は印刷のとおりにする

ダンボールの天地(上下)は印刷のとおりにする

引っ越しのスタッフは、ダンボールの印刷で上下を判断します。

逆さまに詰めて「↑こちらが上」等と書いても、見落とされる可能性があります。

 

 

 

背の高いものを詰めるときは

  • 口空きダンボールの作り方
背の高いものを詰める時は口空きダンボールにする

背の高いものを詰める時は口空きダンボールにする

一升瓶など、背が高くてふたが閉まらないようなものが入ったダンボールは、フタを開けたままにし、口のまわり(淵)をガムテープで固定し、中身が見えるようにしておきます。

鉢、植木、傘などの長物も、この段ボールにまとめます。

※特に壊れやすい物も、ダンボールの中が見えているほうが安全に運ばれる確率が高いですので、口空きにしておくとよいですよ。

ただし、口空きダンボールは、なるべく少なくしましょう。

 

 

ダンボールを閉じたら、必ず中身を表記しましょう

これくらい書いておけば大丈夫!

ダンボールを閉じたら「中に入っているもの」「中身があったお部屋」「割れ物の有無」くらいは表記しておく

  • 割れ物注意

割れ物が、一つでも入っているダンボールには、大きく赤のマジックで「割れ物注意」と記入しておきましょう。

ダンボールに印刷してある「割れ物有り」をチェックしただけでは、わかりにくいです。

引越し作業中は、小さな文字を読む余裕がないのです。

  • 中身があった部屋

キッチン、リビング、洋室A・B、和室A・Bなど。
最低でもこれだけは書いておかないと、新居でバラバラに積み上げられてします。
キッチンのダンボールはキッチンに、リビングのダンボールはリビングに、積み上げてもらいましょう。

  • 収納の場所

戸棚、テレビ台、本棚、タンスなど細かく書いておくと、引越屋さんが新居でダンボールを積み上げる際に細かく分けてくれます。

  • 内容物

出来るだけ細かく書いておくと、「あれが無い、これが無い」とならずに済みます。