包丁、ナイフなど「刃物」の荷造り

【この記事は約 2 分で読めます】

刃物の梱包はきっちりしておかないと怪我の元になります。

面倒でも完全な梱包をしておいてください。

包丁、ナイフなど刃物の荷造り方法

  • 包丁などの刃物に鞘が無いものはダンボールでカバーする必要がある

    包丁などの刃物に鞘が無いものはダンボールでカバーする必要がある

    包丁などの刃物はそのままダンボールに入れると、ダンボールを突き破ってしまうので非常に危険です。

鞘のあるものは鞘に収めます。

鞘が無いものはダンボールでカバーする必要があります。

自力で引越しも同様です

鞘がない刃物の荷造り
  • houtyou中古ダンボールなどを切って二つ折りにして包丁の鞘(さや)を作ります。

歯の部分全体を覆える大きさにカットしたダンボールを用意し図のように折ります。

この時、ダンボールの折った方に刃の部分が当たるようにします。

※ガムテープ側では突き破ってしまう可能性がありますので注意してください。

  • ダンボールの淵をガムテープで留めます。

※ガムテープ側では突き破ってしまう可能性がありますので注意してください。

包丁のほかにもナイフなどの刃物は専用の鞘が無ければこの荷造りをしてください。

ダンボールにも忘れずに表記する

ダンボールにも「包丁入り」と書いておいて下さい。

トラックの荷台は思いの外揺れますから、作った鞘が外れて包丁の刃の部分が出てしまっているかもしれません。

ダンボールを開ける時にも注意が必要です。

また、怪我などのリスクを減らすためにも、包丁などの刃物はなるべく一つのダンボールにまとめてください。