玄関にある物の荷造り方法とコツ

【この記事は約 1 分で読めます】

玄関は最後に荷造りするのがよいでしょう。
先に梱包してしまうと、ダンボールが邪魔になって、出入りしにくくなります。

靴の詰め方

  • 互い違いに並べて、靴の表と靴底が、当らないように詰めます。

靴を敷き詰めるように並べて詰めます。
その上に、食器紙(新聞紙)を敷いて、靴を重ねていけば、靴が汚れなくてすみます。
ダンボールの中が、ミルフィーユのようになります。
ヒールの高い物は、寝かせて詰めます。

自力で引越しも同様です

 

傘の詰め方

  • 口空きダンボールに詰めて、まとめておきます。

靴べらなどの長物も、このダンボールに入れておきます。

自力で引越しなら
傘たてのまま、運びましょう。

傘立ての荷造り

  • 基本的には、引越屋さんが梱包します 。

傘が入ったまま、口空きダンボール に入れても良いでしょう。

自力で引越しなら
壊れやすい材質でなければ、傘が入った状態のまま、運びましょう。

靴箱の荷造り

  • 似た大きさの箱どうし、十字に紐をかけてまとめます。

大ダンボールに入れてもよいです。
靴箱に傷をつけたくないなら、ダンボール に入れましょう。

自力で引越しも同様です