カーテンの梱包

【この記事は約 1 分で読めます】

意外と忘れがちです。

カーテンは、最後の最後に外します。

外したら、まとめて大ダンボールに梱包します。

新居でも同じカーテンを使うなら、ダンボールに「すぐ開ける」と書いておきましょう。

カーテンはすぐにも必要になります。

旧居でカーテンレールを取り付けたなら、忘れずに持って行きましょう。

大家や、新しい入居者によっては、現状復帰の観点から、「業者を呼んで取外した」と、請求が来るかもしれません。

カーテンが無いお部屋で寝るのは非常に危険です

新居に入ったら、まず、カーテンをつけましょう。

明るいうちにつけましょう。

暗くなってカーテンのない部屋に電気をつけると、部屋の中は外から丸見えです。

ご近所さんからすれば、「引っ越し」そのものが目立つ存在なのです。

学生の頃の「転校生」に似ています。

どんな人が来たのか、町中で見守っていることもあります。

  • 新居のカーテンは整ってますか?
  • カーテンレールは付いてましたか?
  • 旧居のカーテンで間に合いますか?

チェックしてください。