引越しの見積もりの時期はいつか | 引越し見積もりのタイミング

【この記事は約 3 分で読めます】

引越しの見積もりを取る時期とタイミングは「引越ししようと思ったら」「引越しが決まったら」「引越しのどれくらい前に」など、いろいろあると思います。

中でも引越しの見積もりを取るベストなタイミング、時期についてです。

具体的な引越しの見積もりの時期・タイミング

引越しの見積もりを取るのに、引越し希望日があまり近いと、引越し料金は高く設定されます。

急な引越しを引き受けられる引越し業者の数は少なくなり、相見積もりを取ることも困難な状況では引越し料金の値引きが難しくなります。

あまり急な引越しだと、言葉はよくないですが足元を見るような引越し料金になる可能性が高くなります。

  • 遅くとも引越し希望日の2週間前には引越し会社を決めたい
引越し料金が高くなる理由として同じ引越しを引き受けられる競合他社の減少、準備期間不足による荷造りの不完全などが挙げられる

引越し料金が高くなる理由として同じ引越しを引き受けられる競合他社の減少、準備期間不足による荷造りの不完全などが挙げられる

見積もりの依頼日が引越し希望日から起算して1週間を切るくらいの時期から引越し料金が上がる傾向にあります。

引越し業者のトラック空き状況、同じ引越しを引き受けられる競合他社の減少、準備期間不足による荷造りの不完全などが引越し料金が高くなる理由として挙げられます。

準備期間不足による荷造りの不完全に関しては、引越し業者の有料オプションサービス「ラクラクパック」「お任せコースなどの梱包(荷造り)付きでないと引越しを請け負わないこともあります。

  • 引越しの見積もりは引越し希望日の1ヵ月くらい前がベスト
引越しまで1ヵ月もあればほとんどの準備が整います

引越しまで1ヵ月もあればほとんどの準備が整います

引越し希望日から1ヵ月くらい前に引越しの見積もりを依頼すると、全てがスムーズに運びます。

引越しの見積もり、引越し業者の決定に1週間。

物事を判断するのに大切なのは第一印象と時間の経過を追うことです。

引越し業者も1度の見積もりだけで決めるのではなく、何度かやり取りして引越し業者の本質を見極めましょう。

残りの3週間で荷造りなどの引越し準備。

他にも荷造りと同時に各種手続きが必要です。

引越し当日までに計3回の休暇が入る計算です。

普通にお勤めの方であれば、引越しの準備に当てられる時間が3~6日間ということになります。

引越しまで1ヵ月もあればほとんどの準備が整います。

引越し業者に引越しの見積もりを依頼するタイミング

「引越し見積もりサービス便利サイト」をご覧頂いているということは、すでに引越しが決まっていることと思いますので、すぐに見積もりを依頼してください

「引越し見積もりサービス便利サイト」をご覧頂いているということは、すでに引越しが決まっていることと思いますので、すぐに見積もりを依頼してください

引越し業者に見積もりを依頼するなら、早ければ早いほどお得な引越しになります。

引越し業者を選ぶにも充分な時間がかけられますし、荷造りなどの引越しの準備も充分な余裕ができます。

  • 引越しの見積もりを先送りにしていると損をする

「面倒だから」「なんだか強引そうで」などと引越しの見積もりを先送りされている方がけっこういらっしゃいます。

引越しの見積もりは先送りにすればするほど引越し料金が高くなるので、結果的に損をしますよ。

「引越し見積もりサービス便利サイト」をご覧頂いているということは、すでに引越しが決まっていることと思いますので、すぐに見積もりを依頼してください。

単身、一人暮らしの引越しの方は「引越し見積もり選べるドットコム」を、家族、ファミリーの引越しの方は「引越し見積もりなっとくドットコム」をご利用ください。

厳選の引越し業者があなたの引越しに見積もりを出してくれます。