引越しの単身パックの選び方

【この記事は約 7 分で読めます】

ほとんどの引越し業者が用意している「単身パック」

引越しの単身パックは引越し業者によって様々ですから、選び方を間違えると大きく損したりすることもあります。

その引越しの「単身パック」の選び方を解説します。

単身パックを利用できるのは1人暮らしの引越しのみ?

1人暮らし程度の荷物量の引越しには単身パックが適用される

1人暮らし程度の荷物量の引越しには単身パックが適用される

引越し業者が用意してくれている「単身パック」は必ずしも「1人暮らし」でなければならないわけではありません。

例えば、実家から出て1人暮らしをはじめるときの引越しは厳密に言うと、現在の住まいはご両親と一緒ですから1人暮らしではありませんが、引越し業者は「単身パック」を適用してくれます。

二人で暮らしている場合でも1人暮らし程度の荷物量なら「単身パック」を適用されます。

  • 引越しの単身パックは必ずしも1人暮らしでなくてもよい

「単身パック」が適用される程度の荷物量は引越し業者によって違います。

「単身パック」の荷物量を明確に公開しているのは日本通運とクロネコヤマトくらいで、他の引越し業者の単身パックは実際に見積もりが必要な場合が多いようです。

引越し業者がホームページで公開している単身パックの荷物の量は以下のようになっています。

日本通運の単身パックの荷物量

日本通運●冷蔵庫(2ドア・109リットル)

●洗濯機(4キログラム)

●薄型テレビ(20インチ)

●テレビ台(小)

●電子レンジ

●掃除機

●カラーボックス(3段)

●衣裳ケース

●姿見

●布団

●日通ダンボールMサイズ 5個

クロネコヤマトの単身パックの荷物量

クロネコヤマト●冷蔵庫(2ドア)

●全自動洗濯機(4キログラム)

●薄型テレビ(20インチ)

●電子レンジ

●ダンボール箱 約10箱

●衣装ケース 3個

●布団袋 1袋

●スーツケース

単身パックと普通の引越しの違い

荷物の量は自己判断になるのが引越しの単身パック

荷物の量は自己判断になるのが引越しの単身パック

日本通運やクロネコヤマトの「単身パック」は、予め引越し料金と移動できる荷物の量が決まっています。

自分の荷物の量に合わせてユーザーが引越しの単身パックを選ぶ方式です。

この「単身パック」には電話や訪問しての見積もりが必要ありません。

  • 単身パックは電話や訪問しての見積もりが不要

「単身パック」は初めから運べる荷物の量と引越し料金が提示してありますから、自分の荷物の総量を判断して引越しを申し込まなければなりません。

引越し業者が荷物の量を判断するための「見積もり」が必要ないのが「単身パック」の特徴なのです。

ユーザーの自己判断で荷物の総量を決めますから、引越し当日荷物の積み残しが出ようが、トラックに大幅な余裕ができようが引越し業者には関係ありません。

引越し当日に用意されているものは全て「単身パック」を申し込むときにユーザーが決めたものだからです。

この方式はインターネットで服や靴を買うのに似ています。

荷物の量、引越し料金など全てユーザー側の自己責任で申し込むのが引越しの「単身パック」です。

自分にピッタリかどうかは引越し当日まで解らないのです。

逆に見積もりが必要な引越し業者の単身パックは、本当の意味での単身パックではありません。

ただの「荷物の量が少ない単身、1人暮らしの引越し」です。

単身パックのメリット

引越しの「単身パック」にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

大手引越し業者の単身パックの料金は以下のように公開されています。

日本通運の単身パック料金の最安値

日本通運単身パックS 17,850円~

パソコン、モバイル、スマートフォンから単身パックを申し込むと、1件につき2,100円割引

割引適用後 15,750円~

クロネコヤマトの単身パック料金の最安値

クロネコヤマト単身引越しサービス(ミニ) 13,650円~

WEB割引2,100円 平日割引2,100円 早期申込割引1,050円

割引適用後 8,400円~

単身パックを利用すると、8,400円から引越しすることが可能になります。

以下単身パックのメリットです。

1.最安値は8,400円から用意されている
2.インターネットでカンタンに予約できる
3.見積もりの手間がない

単身パックのデメリット

引越しの「単身パック」はいいことばかりでもありません。

引越しの「単身パック」にはどのようなデメリットがあり、どのようなリスクがあるのでしょうか。

1.ウェブサイトに公開されている料金から値引きされることはない

「単身パック」についている料金は定価ですから、それ以上の値引き交渉などありません。

2.「単身パック」で運べる荷物量はかなり少ない

実際、クロネコヤマトのウェブサイトで公開されている13,650円の「単身パック」の荷物量は「ダンボール箱 約15箱、衣装ケース 3個、布団袋 1袋」となっていて、家具・家電は含まれていません。

こんなに少ない荷物の引越しなら料金が安いのは当然です。

3.引越し当日荷物が乗り切らないかもしれないリスクがある

荷物の総量を判断するのがユーザー側ですから、積みきれないこともあるでしょう。

そうなれば最初に申し込んだ金額では引越しできなくなります。

荷物が積みきれない場合の対処として、クロネコヤマトのウェブサイトにはこうあります。

「専用BOXに入りきらない場合は、らくらく家財宅急便との組み合わせで、ムダがでません」

家財宅急便の料金を見てみると、例えばベッドが積みきれなかった場合、同都道府県内の料金は「19,600円」です。

もし、単身パックに荷物が入りきらなかったら、13,650円+19,600円=33,250円の引越しになります。

これを納得した上で引越しを申し込んだことになります。

普通に引越しの見積もりを取って引越しを申し込んだ場合、「ダンボール箱 約15箱、衣装ケース 3個、布団袋 1袋、ベッド 1台」の引越し料金の相場は15,000円~20,000円です。

4.普通の引越しの見積もりを選んだほうが安心

確かに引越しの見積もりは面倒だと思いますが、引越し業者の見積もりをしてもらうと、自分で荷物量を判断しなければならない「単身パック」と違って、運ぶ側の引越し業者が荷物の量を判断しますから、引越し当日積み残しや追加料金などが発生しません。

引越し業者の見積もりは引越し業者が提供している無料の便利なサービスなのです。

宅配便の活用

  • 宅配便は引越しでも意外と使えます
荷物がダンボールだけなら宅急便が便利

荷物がダンボールだけなら宅急便が便利

一人暮らしでお荷物がダンボール10個で収まるなら、新居が遠方でも1万円ちょっとで収まることがあります。

普通に引越屋さんに頼めば、「5万~10万」かかってしまうかも知れません。

ただ、宅配便を利用するには、条件があります。

  • 全ての荷物が「ドライバーさん1人で運べる物」に限定されます。

宅配のトラックは、ドライバー1人しか乗っていませんから当然です。

家具、家電も一人で持てるものなら、ダンボールで梱包すれば発送することができます。

まずは、全ての荷物が1人で持てるか確認してみましょう。

家具は買った方が安いことも

新居で買ったほうが安くつく

家具は今のものを運ぶよりも新居で買ったほうが安くつくことも

「全ての荷物を、ドライバーさん1人で運べるようにする」

その為には大きな家具類があってはいけません。

「テレビ、冷蔵庫は新居で買おう」と決めているならば、その他の家具も新居で買った方が安いかもしれません。

最近のお部屋は、収納も充実しています。

特に学生さんや新社会人さんは、家具を持っていかないことも充分検討してみてください。