引越しの見積もりを安くする方法

【この記事は約 5 分で読めます】

引越し料金は見積もりの時に決まります。

引越しは「引越し当日にこれだけかかったので、これだけお支払いください」というサービスではありません。

引越しのすべては見積もりの時に決まるのです。

引越し料金は引越し日よりもだいぶ前に決まる

引越しサービスを提供しているどの引越し業者も事前に見積もりを出して引越し料金を決める形を取っています。

事前に料金を決める形ですから、引越し業者の見積もりは非常に重要になります。

多くの引越し業者は見込み客のお宅を訪問し、実際の引越しの荷物をチェックして見積もりを出すサービス、訪問見積もりを無料で提供しています。

この訪問見積もりでのやり取りで引越し料金が決まるのです。

引越し当日に引越し料金が変わることなどほとんどありません。

引越し料金の値引き交渉は見積もりの時にしなければならないのです。

引越し当日には、引越し料金の交渉の余地などありません。

見積もりの時より多少荷物が減ったくらいでは引越し料金は安くなりません。

引越しが早く終わったからといって引越し料金が安くなるものでもありません。

引越しを早く終わらせたことは引越し業者の努力として済まされます。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し料金が決まる訪問見積もり

引越しの見積もりを引越し業者に依頼すると、引越し業者が引越しの荷物を見に来て見積もりを出す無料サービス訪問見積もりを勧められます。

訪問見積もりでは引越し業者から営業マンがユーザー宅にやってきて、引越しの荷物をチェックし、引越しに使うトラック大きさを決め、引越し料金を算出します。

まず、引越し業者の営業マンは引越し当日の作業員ではないことを知っておきましょう。

引越し業者の営業マンは訪問見積もりを専門にしていて、毎日、いろんなユーザー宅を訪問し、見積もりを出して引越しサービスを受注することが仕事なのです。

ですから、引越し業者の営業マンは様々な見積もりをこなしている経験上、ユーザーとの交渉に長けていることがほとんどです。

引越し業者も見積もりの専門職を作って、客受けの良い社員を選出し、見込み客のもとへ送り出しています。

ですから、引越しに不慣れなユーザーは見積もりの専門職である引越し業者の営業マンにうまく乗せられて、サービスを依頼してしまうことが多いのです。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し料金が安くなったと錯覚してしまうユーザーが多い

引越し料金には定価がありません。

また、ハッキリとした相場もありません。

引越しは2つとして同じものがないからです。

旧居の立地条件、新居の立地条件、引越し荷物の総量など、ユーザー毎に条件が異なりますので、引越し料金もユーザー毎に代わるのです。

引越し業者の営業マンは訪問見積もりの際、ユーザーの荷物量から引越しに使うトラックを決め、現住所から新居までの移動距離を算出し、まず、自社の料金表に照らし合わせて引越し料金を計算します。

この時の引越し料金は繁忙期である3月の引越しであったとしても通用するような割高な引越し料金になっています。

引越し業者の営業マンは繁忙期でない限り、この引越し料金から値引きします。

値引きされた引越し料金は、最初に計算された引越し料金からすると、半額以下になることも少なくありません。

この時の割安感で引越し料金が大幅に安くなったと錯覚してしまうユーザーが多いのです。

そこで、他の引越し業者の引越し料金を見ずに引越し業者を決めてしまい、実際にその引越し料金が高いか安いかよくわからないまま引越ししてしまいます。

これは引越し業者の営業マンならだれもが使う交渉術です。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

複数の引越し業者の見積もりを見るまで引越し業者を決めないこと

引越し業者とのやり取りといっても引越し料金は各引越し業者が決めますから、ユーザーは引越し業者から提示された引越し料金で引越しサービスを依頼するか、依頼しないかの判断を下すだけです。

つまり、複数の引越し業者から見積もりを取らないと、ユーザーの選択肢がない状態になってしまうのです。

これは何らかの理由で、その引越しを請け負えるのがこの引越し業者しかないという状態と同じです。

そうなると、引越し料金は引越し業者の言い値になります。

引越し料金はユーザー毎に、また、引越し業者ごとに違うのですから、少なくとも2社以上引越し業者から見積もりを取って比べてみないと、その引越し料金が高いか安いかの判断はできません。

引越し業者の営業マンに押し切られる形でサービスを依頼してしまうと、その引越し料金が高いの安いのかさえ分からなくなってしまいます。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し業者との交渉術

どの引越し業者の営業マンも訪問見積もりの場では、仕事が欲しい、うちに決めてほしいと考えています。

引越し業者の営業マンもまた、ユーザーの引越し料金を安くしたいのです。

そのためには自分の会社や上司との値引き交渉も厭わないという営業マンも多くいます。

しかし、それは引越しの準備も引越し当日もうまくいくと判断した感じの良いユーザーに対してのみです。

例えば、その生活ぶりから引越し当日までに荷造りができそうにないと思われるユーザーや、やたらと荷引き交渉してきて引越し料金の支払い能力に疑問があるユーザーなどに対しては、高めの引越し料金を出して帰ります。

引越し業者の営業マンとの交渉術で最も効果が高いのは、素直であることです。

素直といっても引越し業者の言いなりになるのではなく、訪問見積もりの場では包み隠さず全て正直に教えるということです。

例えば、他社が提示した引越し料金やサービスの条件なども正直に伝えることです。

他社の見積もりの情報は営業マンには最大の武器になります。

引越し業者の営業マンが会社や上司と値引き交渉できるよう情報をあげることで、引越し料金は必ず安くなります。