気まずい?離婚の引越し

【この記事は約 3 分で読めます】

引っ越しをきっかけに離婚の協議が始まるご夫婦に多い引っ越し引越しをするタイミングはさまざまですが、離婚に伴う引越しはいろいろと気を使うことが多いです。

なるべくなら家財の分与など、全てハッキリさせてから引越し会社に依頼してください。

離婚相手がいない間に引っ越し

離婚に向けての引っ越し

相手の留守中に荷物を出してしまい、別の住まいへ引越してしまう

意外と多いのが、「伴侶がいない間に引っ越し作業を終わらせたい」という要望です。

ご主人が仕事に出かけている間に、自分の荷物だけ運び出してしまいたいということなのですが、荷造りの時間も制約されてしまいますから、必然的にラクラクパックやお任せコースなどの梱包付きの引っ越しサービスになります。

もちろん、訪問見積もりに伺うのもご主人のいない時間帯です。

朝出かけて帰ってきたら、嫁の荷物がなくなっていたという、ドラマで見るような引っ越しです。

正確には、まだ、離婚は成立しておらず、この引っ越しをきっかけに離婚の協議が始まるご夫婦に多い引っ越しです。

奥さんが全くそういう素振りを見せていなかったのなら、帰宅したご主人の驚き様は想像を絶するものになるでしょう。

引越し会社は、こういう引越しも、もちろん引き受けるのですが、依頼する引越し会社には、よくよく事情を説明して下さい。

現場の作業員も事情を理解していれば、朝の作業開始時間や終了時間にとても気を使ってくれます。

ただ、こういう引っ越しの場合、見積もりの時に聞いた「持ち出す荷物のリスト」よりも、実際に運び出す荷物が多くなることが多分です。

いざ、ダンボールに荷物を詰め始めると、「やっぱりこれも」「せっかくだからあれも持って行きます」となることが多いのです。

家財の分与がハッキリしていないこともあり、この引っ越しをもって所有権を主張するつもりなのでしょう。

しかし、あまりに計画とかけ離れた荷物の量になると、運び出してしまう前にご主人が帰宅してしまうことだって考えられます。

限られた時間内での作業になりますから、計画通りに進める必要があるのです。

引っ越し会社のご利用は計画的に。

すでに別居状態にあり、分与が決まった家財を引き取りに行く引越し

離婚の引っ越し

離婚の引っ越しは独特の空気

これが最も多い離婚の引越しです。

この手の引越しは、積地と降し地で立会人が違うことが多いです。

積地では、今も居住しているご主人が引越し作業に立会い、降し地では荷物の持ち主である奥様が立ち会うことになります。

引越し会社としては何の問題も無いのですが、片方の立会人が協力的でなかった場合などに少し困ることがありました。

中には家財の所有権をめぐって、電話で喧嘩を始めるご夫婦もあるくらいです。

その間、作業員はシュンとうつむいていることしか出来ません。

この手に引越しでは、引越し会社との打ち合わせの他に、当人同士の打ち合わせも綿密にお願いしたいところです。

  •  離婚に向けての引越しについて
    離婚に向けての引越しについて