リフォームに伴う引越し

【この記事は約 3 分で読めます】

仮住まいへ一回、戻ってくるのに一回。
2度の引越しが必要です。

仮住まいがある場合(家全体のリフォーム、建て替え)

リフォームに伴う引っ越し

荷物の一時預かりや、仮住まいの費用、またその時の引っ越しの費用までも、リフォームの見積もりの中に組み込んでくれる

まず、リフォーム会社に荷物預かりについて聞いてみましょう。

リフォーム会社は、こういうやり取りを何度もしているので、最善の方法を知っていて、アドバイスをしてくれます。

荷物の一時預かりや、仮住まいの費用、またその時の引っ越しの費用までも、リフォームの見積もりの中に組み込んでくれるリフォーム会社があります。

これによって、引っ越しにかかる全ての費用をリフォームローンの中に組み込むことが出来るのです。

また、引越し会社や仮住居、トランクルームなどを紹介、斡旋してくれることも多いですから、一番にリフォーム会社に相談するのが得策でしょう。

リフォームに伴う引っ越しのダンドリ

リフォーム引っ越し

「旧居から仮住まいへの引越し」と、リフォーム終了後「戻ってくる引越し」と、2回の引越しが必要に

リフォーム会社に引っ越しに関して紹介、斡旋のサービスが整っていなかった場合、あなた自身が引っ越しのダンドリをつけることになります。

リフォームに伴う引っ越しの場合、「旧居から仮住まいへの引越し」と、リフォーム終了後「戻ってくる引越し」と、2回の引越しが必要になります。

一回目の「旧居から仮住まいへの引越し」の特徴は、旧居から持ち出さなかった物は、全て廃棄されてしまうことです。

この際、思い切っていらない物を処分してしまうのもいいでしょう。

仮住まいに全ての荷物が入りきらない場合、倉庫などを借りる必要があります。

多くの引越屋さんが、荷物を預かるサービスを行っています。

見積りの時に、最初から「2回の引越しでいくら」という見積もりを取りましょう。

安くなる可能性が高いです。

もし、契約した引越し会社が荷物を預かるサービスを行っていなかったら、トランクルーム、レンタルコンテナなどの利用を考えてみましょう。

仮住まいがない場合(水周りや、バス、トイレなど、一部のリフォーム)

リフォームの引っ越し

仮住まいがない場合、トラックも必要なく、片付けるだけで充分

建物、部屋の一部分のリフォームの場合、リフォームする箇所の荷物をまとめて保管する必要があります。

このときに出る保管場所が充分に確保できるなら、引越屋さんにお願いするまでもありません。

トラックも必要なく、片付けるだけで充分です。

これを引越屋さんに頼むと、余分な「運賃」がかかります。

引越屋さんは基本的に運送屋さんなので、必ず「運賃」が発生します。

例えば、同じ建物内の引っ越し(塔内移動)でも「運賃」は発生してしまいます。

こういう作業は荷造りサービスを利用するといいでしょう。

例えばキッチンのみや水周りのみのリフォームの場合、食器棚や冷蔵庫の中身をダンボールに詰めておけば、リーフォームの職人さんが指定の場所に運んでから、リフォームの作業にかかります。

建物、部屋の一部分のリフォームでユーザーに求められるのは、家具、家電、収納の中身を空にすることだけなのです。

リフォーム時の荷造りもお任せください荷造りサービスコンポ

リフォームの荷造りもお任せください。リフォームの荷造りサービスコンポ