東京の引っ越し事情

【この記事は約 2 分で読めます】

東京は他都市に比べて引っ越しが圧倒的に多い。
更新料、更新手数料は支払うべき?

引っ越しの見積り依頼の数は東京が群を抜いて多い

東京の引っ越し

人口も多いが、引っ越しの比率そのものが高い

東京に長く住んでいた方が、他都市に引っ越して2年後、「次はどこに住もうかと考えている」と賃貸情報誌を見ながら言ったので「ここでは更新料は無いですよ」と教えると、かなり驚いてました。

実際、慣習として賃貸物件の更新料を支払うのは常識だと思っていたよう。

これが賃貸の常識だと思っていたらしい。

この2年に一度やってくる更新料のおかげで東京は引っ越しが多い。

どうせ家賃の1ヶ月~1.5ヶ月分をもう一度収めなければならないなら、いっそ引っ越して気分を新たにしようってことになる。

もちろん、人口も多いのですが、引っ越しの比率そのものが高いと言えます。

更新料、更新手数料は支払うべきか?

法的には根拠の無い更新料。

しかし、賃貸契約書に明記してあれば、支払わなければなりません。

更新料、更新手数料については、不動産業者や大家さんによって、かなり違います。

人気の賃貸物件なら請求されるでしょうが、そうでもない賃貸物件については、契約書に書いてあっても請求されないこともあるようです。

更新手数料という習慣をなくそうとする動きもあるようです。