おめでたい!結婚の引越し

【この記事は約 4 分で読めます】

引越しをするタイミングはさまざまですが、結婚に伴う引越しほどおめでたい引越しはありません。

2人の新生活がスタートするのですから、最初から足並みをそろえて引っ越したいものですよね。

そのためには引越し日を合わせる必要があります。

2ヶ所積みで引越し

引越先の新居へ着いたらもうご主人お荷物も奥様の荷物も関係ありません

引越先の新居へ着いたらもうご主人お荷物も奥様の荷物も関係ありません

ご主人の現住所で荷物を積み込み、新居に向かう途中で奥様の現住所に立ち寄って荷物を積み込みます。

ここでお二人の荷物が一緒になります。

新居へ着いたらもうご主人お荷物も奥様の荷物も関係ありません。

キッチンに行く荷物はキッチンへ、リビングに行くべき荷物はリビングへ、寝室のものは寝室へ運ばれます。

あとはご夫婦お2人でゆっくりと荷解きしてください。

  • 2ヶ所積みの引越しとは

この2ヶ所積みの引越しは一般的な引越しとは少し組み立て方が違います。

まず、引越しの見積もりから違ってきます。

見積もりにはご主人の荷物と奥様の荷物のどちらも把握する必要があります。

また、それぞれの荷物をあわせた総量が積めるトラックを用意する必要があります。

トラックは1台の場合もありますが、たいていの場合2台用意することが多いです。

トラックを2台用意する理由は作業員の人数が確保できることと、荷物をダンボールと家具・家電に分けるためです。

新居ではまず家具家電を配置しますから、トラックの荷台でダンボールよりも奥に、最初に運び込まれるべき家具・家電があると搬入がスムーズではありません。

ご主人と奥様の荷物でトラックを分けるか、ダンボールと家具・家電でトラックを分けるかは引越し会社によってまちまちです。

  • 引越しの見積もりで出てくる用語集、2箇所積み・2箇所降ろし
    引越しの見積もりで出てくる用語集、2箇所積み・2箇所降ろし

結婚の引越しで気をつけること

  • 別の地域、別の引越し日でも引越し会社は1社にしたほうがお得
なるべくならご主人の引越しと奥様の引越しを同じ引越し会社に依頼する

なるべくならご主人の引越しと奥様の引越しを同じ引越し会社に依頼する

なるべくならご主人の引越しと奥様の引越しを同じ引越し会社に依頼するほうが何かとうまく行きます。

普通そうされると思いますが、引越し会社への連絡がカンタンなことや引越しの料金が合算で安くなることが理由として上げられます。

ご主人の引越しと奥様の引越しが同じ地域からの引越しではない場合でも、引越し会社は別にするより1社にまとめたほうが安くなります。

また、ご主人の引越しと奥様の引越しがまったく違う日でも、引越し会社は別にするより1社にまとめたほうが安くなります。

夫婦の引越しを別々の引越し会社にした場合

ご主人の引越しと奥様の引越しを別々の引越し会社にした時は以下のことに気をつけてください。

新居への搬入の時間を同じ時間にしない

引越しを一気に終わらせようとして、同じ時間帯に荷物を搬入するよう時間を組んでいるご夫婦がたまにいますが、同じお宅に2社の引越し会社荷物を同時に搬入することになった場合、先に着いた引越し会社の荷物の搬入が終わるまで、後に着いた引越し会社は待っているだけです。

  • 同じ時間帯に荷物を搬入すると余計に時間がかかるだけ
引越し会社の作業員は別の引越し会社が運んできた荷物の片付けなど手伝わない

引越し会社の作業員は別の引越し会社が運んできた荷物の片付けなど手伝わない

例えばご主人の荷物が先に着いたとします。

ご主人の荷物を運んできた引越し会社は、まずご主人の荷物の家具・家電を配置します。

それからダンボールを搬入します。

ご主人の荷物を運んできた引越し会社は、ここで帰ってしまいますが、部屋の中はダンボールが積み上がっている状態です。

その積み上がっていダンボールが片付かないと、次の奥様の家具家電が搬入できないのです。

  • 別の引越し会社が運んできた荷物の片付けなど手伝わない

後に到着した奥様の荷物を運んできた引越し会社はご夫婦でダンボールを片付けるのを待っています。

引越しの見積もりのときに特別に契約していない限り、普通の引越し会社は別の引越し会社が運んできたダンボールを片付ける手伝いなどしません。

引越し会社の作業員は「ダンボールが片付いたら声を掛けてください」と言ってお宅の前で休憩しています。

結局、ご夫婦はゆっくり片付ければよかったものを急かされて片付けた上に、後についた引越し会社が待っている時間の分だけ余計に時間がかかってしまったのです。

せっかくのお2人の門出です。

引越しだってスムーズに済ませたいものです。