引越し業者への心づけ

【この記事は約 3 分で読めます】

心づけとは引越し代金とは関係なく、引越し当日の引越し作業スタッフに直接手渡す物や、現金のこと心づけって?

引越し業者ののスタッフに渡すタイミングは?

いくらくらいが相場なの?

心づけとは、いわば「チップ」です

引越し作業員への心づけ
引越し作業員への心づけは絶対に必要なわけではありません

心づけとは引越し代金とは関係なく、引越し当日の引越し作業スタッフに直接手渡す物や、現金のことです。

最近の営業マンは「作業員への心づけは不要です」と言うようです。

以前は「よい仕事をしたらお気持ちで」と言ってました。

見積もりの時に引越し料金を値引いてくれたら「値引き分を当日の作業員さんにお礼の気持ちで還元してあげる」くらいの気持ちでいいのではないでしょうか。

こころづけを引越しの作業員に渡すタイミング

  • 引越し作業開始前が一番効果的です。
飲み物だけでも充分です
飲み物だけでも充分です

タイミングとしてはトラックが到着して作業開始前に引越しスタッフが全員で挨拶をします。

その挨拶の時に心づけとして渡すのが一番効果的です。

スタッフみんなが見ている前で「今日はよろしくお願いします」と言ってリーダーらしき人に渡しましょう。

作業員も人間です。

心づけが出たお宅と出なかったお宅では、作業にあたる気持ちが変わることでしょう。

「引越し作業員全員が見ている前で」というのがミソです。

これで「このお宅では心づけが出た」とスタッフ全員が知ることになります。

作業員のリーダーにこっそり心づけを渡す方がいますが、リーダーがみんなに心づけを配るのは引越し終了後かもしれません。

これでは心づけの効果半減です。

酷い引越し業者はリーダーだけで懐に入れてしまったりすることもあるのです。

他にも派遣会社から来たその日だけのアルバイトには心づけを分配しない引越し業者があったり、引越し業者ごと、引越し作業チームごとにルールが決まっていたりします。

引越し当日、「お昼代にどうぞ」といってお昼ごろ心づけを渡す方もいますが、作業開始前か遅くとも最初の休憩で渡しましょう。

午前の引越し作業に対して作業員の身の入り方が変わります。

心づけはいくら渡せばいいの?

  • 一日がかりの引越し作業ならスタッフ一人当たり1,000円くらいが相場です。
引越しの心づけ
引越しの心づけは本当に気持ちで

もちろん渡さなくてもよいのですが、引越し業者のスタッフがいただく額の平均はこれくらいです。

心づけは人数分、小分けにしてもらうと更にありがたいです。

袋なんて関係ありません。

茶封筒でも紙で包んだだけでも結構です。

なんなら、あまった正月のお年玉袋でも十分です。

さすがに裸はどうかと思いますが。

  • 半日作業の引越しなら、お茶で十分です。

お茶もペットボトルのお茶がありがたいです。

ペットボトルのお茶なら、引越し作業員が好きなタイミングで飲めますし、持ち帰ることもできます。

引越し当日、よく、お菓子を頂きます。

ずうずうしいお願いですが、お茶もお願いします。

作業員はそれでなくてものどが渇いています。

お茶無しでお菓子を飲み込むのはなかなか厳しいです。

  • 貰ったことがある心づけの最高値

貰ったことがある心づけの最高値は10,000円です。

「みんなで分けて」とかではありません。

一人頭10,000円頂いたことがあります。

相場の10倍です。

ホントに昔、バブルとかの頃は給料に手をつけずに心づけだけで生活できた時期もあったほどです。