引越業者とインターネットの関係

【この記事は約 5 分で読めます】

あくまでも筆者の体感であると最初に断っておく。

インターネットの普及が引越業界にもたらしたもの

引越業界に身を投じ、離れた期間をはさんでいるとはいえ、10年以上、この業界に携わっている事になる。

この業界はそのたった10年の間に大きく形を変えたと思う。

業界の外から見ればたいした変化には見えないのかもしれないが、業界内の人々が引っ越しという物の形態の変化に対応するためにしてきた努力は涙ぐましいものがある。

もちろん、変化の流れが早い業界は他にもたくさんあるだろう。

通信やそれに伴う端末を扱う業界の変化のスピードには遠く及ばないはずだ。

しかし、通信業の変化は、間違いなく引越し業界にも対応を求めてくる。

今までどちらかと言えば、筋肉で乗り切ってきた、言わば体育会系であった引越業者が、それを求められるのだから辛かったのではないだろうか。

引っ越しは完全反響営業

10年前、まだこんなにインターネットが普及する以前から、引越業者は見込み客を探す手立てをいくつか持っていた。

一つは不動産業者からの紹介である。

この手立ては引越業者にとって今でも重要な位置にある。

もともと仲介業者である不動産業者へバックを支払うことによって、見込み客を紹介してもらうのである。

たった今、高額な不動産を決めた見込み客にとって、引越など些細なことだ。目の前の不動産業者が薦めてくれる引越業者を断って新たに引越業者を探すことなど面倒臭い以外の何物でもないのだ。

当然見込み客の制約率も高く、クレームも起こりにくい。もとよりコミュニケーションがすでに取れている不動産業者の印象をそのまま引き継ぐことができるのは、うま味以外の何者でもない。まさに不動産無くして引越しあらずなのである。

もう一つは広告だ。

引越業者は、これから引越しをする人を探して回ることなど到底できない。

個別に訪問して「引越ししませんか?」と営業をかけたところでたちまち追い返されるであろう。引越を控えている人間などそうはいないのだ。

故に引越業者は引越を控えた人間から連絡が来るのを待つしかないのである。

これが完全反響営業といわれる所以だ。

ひとたび連絡をもらえば、見積り記念品なるものを持参してすぐさま駆けつけ、ああでこうでいくらという見積りを出し、どうぞ使ってくださいとロゴ入りのダンボールとガムテープを恭しく献上する。

後は引越予定日にアルバイトを含む作業員たちがトラックで駆けつけるだけだ。

見込み客に自分たちを見つけてもらうために使える手段がチラシ、TVCM、タウンページくらいしかなかった10年前、ポストを開ければ代わる代わる引越屋のチラシが投函されていたものだ。今はそのチラシも減ってしまった。

タウンページでも、広告の欄にはこぞって出稿したものだ。 また、タウンページのリスト表示の1番上に来る為だけに、屋号を付ける引越業者も多かった。

「アー」から始まれば1番目に表示されることを知った業者たちがその表示順位を競い合い、最後は「アーアー」なる引越業者が現われた。

この構図がインターネットにおけるSEO、検索エンジン対策の構図に似ていると思うのは筆者だけだろうか。

引越業者とホームページ

話をインターネットに戻そう。

インターネットに対応する為、引越屋たちは挙ってホームページを作った。これは引越業者にとって非常に便利なツールになった。ホームページに設置した申し込みフォームから見込み客が直接コンタクトしてくるのである。

インターネットの普及は進み、ホームページからの申し込みは、チラシや不動産業者からの紹介を数で上回り始める。

筆者の知る引越会社は「インターネット」、「チラシ」、「不動産業者からの紹介」の順番で見込み客の扱いに順位をつけた。一般的な考え方とは真逆の印象だ。

実際、その引越業者が業界内でも先進的な位置に属する引越業者であったため、驚いたものだ。

そして、引越業者はタウンページと同じように上位に表示されることを目標にした。タウンページとの明らかな違いは屋号が関係しないことだ。SEOについては諸説あるため割愛させていただく。

タウンページの上位表示と同じことがインターネットの中で起こる。見込み客は検索エンジンで「引越」と引く。表示された上から順番にホームページを訪れ見積りフォームに記入していく。

検索エンジンに上表示されれば、自ずと見込み客は増えた。後は待つだけである。

しかも、インターネットは基本的に無料だ。上位 表示された引越業者はインターネットの上に胡坐を書いた格好になった。

インターネットは「引越業者の共同見積りフォーム」

この構図が崩れるのは5年ほど前のことである。

一括見積りサイトの登場だ。

これは見込み客にとって非常に便利であった。見積りを依頼する引越業者ごとに見積もりフォームを記入する手間がなくなったのだ。見積りホームに記入したら後は待つだけ。これほど便利なものはない。

引越業者の方はというと、検索エンジンに上位表示されていない引越業者が飛びついた。インターネットからの集客を諦めかけていた、検索エンジンに上位表示されない引越業者にとって、一括見積りサイトは救世主であった。

一方、個別に持っている引越業者の見積りフォームは一括見積りサイトの登場以前と比べ物にならないほど申し込みの数を減らした。「引越」というキーワードで上位表示されているにもかかわらずである。

もはや、上位表示されている引越業者も一括見積りに加入して、上位表示されていない引越業者と同じ土俵に立つしかなくなった。

以降、一括見積りサイトが言わば、引越業者協同の見積りフォームになったと言っていい。

これを面白くないと思った引越業者は多かった。初心に帰り、不動産業者を回る営業に力を入れる引越業者も増えた。

インターネットが協同見積りフォームになり、インターネットに特化した引越業者と、インターネットからの集客を一切諦めてしまう引越業者への二分化が始まった。

現在、ほとんどの引越業が独自のホームページからの集客に多くを望んでいないだろう。自社ホームページは存在を知らせるものでしかなくなった。

ある引越業者はインターネットからの集客はどうかという問いに『うちはインターネットには力を入れてないから」と答えた。立派なホームページを持っているのにだ。

もはやインターネット上でのキャンペーンなど引越業者にとっては、ほとんど意味を持たないだろう。

インターネット自体が「引越業者の共同見積りフォーム」になってしまったのである。